「プル型営業実践法」自動的に見込み顧客が集まる集客装置を作る!

「プル型営業実践法」自動的に見込み顧客が集まる集客装置を作る!

テレアポ、テレアポ、テレアポ…そして、やっと取れた1件のアポイント先に提案しに行ったものの、案件化せず、またテレアポ。このループに見覚えはありませんでしょうか?新規営業の現場で、よくありがちな光景です。

新人営業マンに根性をつけさせることが目的ならまだしも、売上目標を掲げている場合、よりよい方法がないものかと頭を抱える担当者様も多いはずです。 

本資料では、受注の見込みがある見込み客を“プル型”で集め、集めた見込み客にのみ営業するスタイル「プル型営業」の実践法をご紹介していきます。

社内リソースで出来ることにフォーカスし解説していきますので、今後の営業活動のご参考にしていただければ幸いです。 

資料の目次

■本資料の目的

1.劇的な売上アップには営業活動の効率化が必要!
●営業効率とは具体的に何を指す?
●自社リソースで効率を上げられる指標とは?
●営業マンが思う「発注可能性のある担当者だけに提案したい」は実現可能

2.可能性のある顧客だけを選ぶという選択:“プル型営業”の実践法
●興味度合い/課題のある顧客を集客
-顧客からのアクションを得る仕掛けを増やす
-営業活動に役立つ情報を取得しておく
●確実に商談アポイントを獲得
-課題を事前に想定する
-課題解決策の提示が出来ることをほのめかす
●発注可能性が高まるタイミングを逃さない
-定期接触を半自動化
-営業マンは「アプローチ担当」から「提案担当」になる

3.プル型営業を強力サポートするサービスのご紹介
●オウンドメディアからの見込み客獲得を強力サポートするMA「CloudCMO」
●プル型営業をスケールさせる集客プラットフォーム「マーケCloud」