マーケティングオートメーション完全活用マニュアル【普及背景編】

マーケティングオートメーション完全活用マニュアル【普及背景編】

スマートフォンやSNSの普及は、人々のコミュニケーションだけでなく消費活動をも大きく変えたと言われています。これまではテレビや雑誌などマスメディアによる広告が人々の消費を大きく左右していました。しかし、最近では消費者が自ら複数のデバイス、複数のチャネルを渡り歩き、インターネットの中から自分の欲しい情報を探り当てるのが一般的になっています。

このような時代に消費者へメッセージを届けるためには、消費者の興味・関心の段階に合わせた適切なタイミングで、適切な情報を発信することが求められます。こうしたマーケティング手法は一般的にOne to Oneマーケティングと呼ばれ、その重要性は今後さらに増すと言われていますが、数多くの顧客に対し施策を最適化するのは簡単なことではありません。10人、20人程度の数であれば顧客それぞれに合わせたきめ細かな対応ができても、1万人、10万人となると現実的ではないでしょう。

こうした状況下において、日々のマーケティングにおける施策を自動化し、効率的に業務を回すことができるとして注目を集めているのがマーケティングオートメーション(MA)です。導入する ことによりマーケティング戦略にどのような変化をもたらすのか、具体的に見ていきましょう。