ITmedia資料ダウンロード TOP > 資料詳細

「2016年版 クレジットカード市場の実態と展望」のご案内

企業名:株式会社矢野経済研究所

カード業界は、2020年に向けたキャッシュレス化への取組みを一層強化している。2020年に向けて、訪日外国人の増加が予想されており、決済における訪日外国人の利便性の向上がテーマとなっている。それに向けて、決済インフラをどのように整備していくか、がまさに議論されている。また、海外では、スマートフォンの台頭により、スマートフォンを活用した決済ソリューション「Apple Pay」や「Alipay」「WeChat Payment」などモバイル決済が展開されており、クレジットカード会社の役割が変化していくことが予測される。本調査レポートでは、カード会社の取組みを網羅的に把握することで、2020年に向けたキャッシュレス化の推進に対する課題を分析し、決済インフラのあり方を展望した。

資料詳細説明

■本資料の概要

第Ⅰ章 総論
  1.クレジットカード市場の実態
  2.市場展望
    2.1 ショッピング取扱高予測
    2.2 コンタクトレス決済市場予測
第Ⅱ章 主要カード発行会社のカード事業実績
  1 営業収益
  2 経常利益
  3 当期純利益
  4 有効会員数
  5 稼動会員比率
  6 Web会員数
  7 会員属性(2015年度)  
  8 カード取扱高(ショッピング・キャッシング合計)
  9 カード取扱高(ショッピング)
  10 カード取扱高(キャッシング)
  11 ショッピングリボ・分割払い残高
  12 キャッシング残高
  13 貸倒引当金残高
  14 利息返還損失引当金残高
  15 ポイント引当金残高
  16 カード事業の営業収入比率(2015年度)
第Ⅲ章 業態・出資母体別の動向分析
  1 銀行系、独立系カード会社
  2 信販系カード会社
  3 流通系カード会社(GMS、スーパー、コンビニ)
  4 流通系カード会社(百貨店)
  5 自動車メーカー、交通系カード会社
  6 オンラインモール、通信キャリア、IT系カード会社
第Ⅳ章 商品・サービス、新決済サービスの動向
  1 ポイントプログラムの動向
  2 情報システム投資とプロセシングの動向
第Ⅴ章 新決済サービスの動向分析
  1 日本におけるコンタクトレス決済の動向
  2 海外における非接触IC規格(NFC)の動向
  3 主要カード会社のDCCに関する取組み
  4 主要カード会社のCLOやデータ分析への取組
  5 カード会社のFinTechに関する取組、考え方
  6 主要カード会社のAlipay、WeChat Payに関する取組み、考え方
第Ⅵ章 主要カード会社の実態と戦略

発刊日:2016年09月30日  資料体裁:A4 / 379頁
販売価格:
書籍:定価 150,000円 (税別)
PDFレギュラー(事業所内利用限定版):定価 150,000円 (税別)
セット(書籍とPDFレギュラー):定価 180,000円 (税別)
PDFコーポレート(法人内共同利用版):定価 300,000円 (税別)
セット(書籍とPDFコーポレート) :定価 330,000円 (税別)
※セット価格は同一購入者の方が書籍とPDFをご購入される場合に適用される特別価格です。
※消費税につきましては、法令の改正に則り、適正な税額を申し受けいたします。

対象業種

全業種

対象企業規模

企業規模問わず

【ご提供いただく個人情報のお取り扱いについて】

  • 資料のダウンロードに際して、以下の事項に同意されたものと見なします。
  • ご入力頂いた個人情報は、「株式会社矢野経済研究所」へ収集されます。
  • 「株式会社矢野経済研究所」からのメールマガジン、電話、送付物による情報提供サービスを受け取ります。
  • 提供された個人情報は、各情報提供元企業のプライバシーポリシー下で適切に取り扱われます。

【株式会社矢野経済研究所のその他の資料】

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードしていただけます。

  • ログイン
  • 今すぐ無料会員登録する

厳選ホワイトペーパー

人気資料まとめ