ITmedia資料ダウンロード TOP > 資料詳細

「インバウンドマーケットの実態と今後の予測」のご案内

企業名:株式会社矢野経済研究所

今や日本市場のカンフル剤となっているインバウンド需要は、ここ数年で急激に拡大した。昨年後半から「爆買い」現象は見られなくなったと言われているが、今尚、訪日外国人数は過去最高を記録し続けていることからも、インバウンドの動向は小売業にとって重要なポイントあることに変わりはない。本調査レポートでは、このインバウンドの動きがどうなっていくのか?に関しても現在のインバウンドマーケットの実態を踏まえ、統計的な分析を交えつつ今後の予測を行った。

資料詳細説明

■本資料の概要

第1章 日本市場におけるインバウンドの実態と今後の展望
  1.日本市場におけるインバウンドの動向
    1-1.訪日外国人数の推移(2000年~2015年)
    1-2.訪日外国人数の国別トレンド
  2.インバウンドマーケットを構築する要因及びその動向
    2-1.空港、航路などの拡張と動向
    2-2.入国ビザ緩和政策
    2-3.免税対象商品枠及び免税店の拡大
    2-4.為替の影響
    2-5.アジア諸国の経済成長(海外旅行人口の拡大)
  3.日本国内地域別インバウンドの状況
    3-1.現状の訪問エリアと今後の方向性
    3-2.首都圏エリア(東京・横浜)状況
    3-3.京阪神エリア(大阪・京都・神戸)の状況
    3-4.福岡エリアの状況
    3-5.北海道の状況
  4.今後の訪日外国人数の予測
第2章 訪日外国人の背景と可能性
  1.国別にみる訪日外国人の各国事情
第3章 消費財インバウンドマーケットサイズと今後の予測
  1.消費財インバウンドマーケット算出
  2.商品別インバウンドマーケット分析
  3.販路別インバウンドマーケット分析
  4.地域別インバウンドマーケット分析
第4章 ブランド商品マーケットにおけるインバウンド需要の実態と展望
  1.インポートブランド・インバウンド小売市場全体動向
  2.有力インポートブランドのインバウンド消費の実態
  3.インポートブランド市場におけるインバウンド需要の予測

発刊日:2016年09月30日  資料体裁:A4 / 187頁
販売価格:
PDFレギュラー(事業所内利用限定版):定価 150,000円 (税別)
PDFコーポレート(法人内共同利用版):定価 300,000円 (税別)
※消費税につきましては、法令の改正に則り、適正な税額を申し受けいたします。

対象業種

全業種

対象企業規模

企業規模問わず

【ご提供いただく個人情報のお取り扱いについて】

  • 資料のダウンロードに際して、以下の事項に同意されたものと見なします。
  • ご入力頂いた個人情報は、「株式会社矢野経済研究所」へ収集されます。
  • 「株式会社矢野経済研究所」からのメールマガジン、電話、送付物による情報提供サービスを受け取ります。
  • 提供された個人情報は、各情報提供元企業のプライバシーポリシー下で適切に取り扱われます。

【株式会社矢野経済研究所のその他の資料】

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードしていただけます。

  • ログイン
  • 今すぐ無料会員登録する

厳選ホワイトペーパー

人気資料まとめ