ITmedia資料ダウンロード TOP > 資料詳細

(ホテル編)これを中国語で言えますか? 現場スタッフ必携の頻出フレーズ集

企業名:株式会社インデンコンサルティング

◆資料の特徴
・外国人「おもてなし」不満ランキング1位は「言葉が通じないこと」
・通訳サービス「スマイルコール」はサービス開始から通訳データを全て蓄積
・宿泊施設での通話データからキーワードを「分析、海外ゲスト対応に役立つフレーズをご紹介

資料詳細説明

2020年の東京オリンピックに向け、政府は観光ビジョンの中で訪日外国人観光客数4000万人を目標
に掲げており、これは2016年の2400万人の約2倍にあたります。

しかし、インバウンドの受入体制に目を向けると、外国人の「おもてなし」不満ランキング第1 位は「外国語サービスが少ないこと」。言語面での不安・不満が課題として残っており、頭を悩ましている企業が多く存在しています。

これらインバウンドニーズに対する課題解決のために、我々インデンコンサルティングは、ビデオチャットを利用した5 言語24 時間対応の通訳サービス『SMILE CALL( スマイルコール)』を2012 年2月から提供してまいりました。

今回は、2012年2月のサービス開始以来、4年半蓄積されてきた、通訳記録からキーワードを分析。その中で見えてきた海外ゲストの対応に役立つ頻出フレーズをご紹介します。

<目次>
1. 4年半の通訳記録から算出。インバウンド対応頻出単語TOP10
2. 頻出単語から見えてくる現場スタッフ必携の頻出フレーズ集
3. インバウンド対応に向けて、まず取り組むべき3つのアクション

対象業種

サービス業

対象企業規模

企業規模問わず

【ご提供いただく個人情報のお取り扱いについて】

  • 資料のダウンロードに際して、以下の事項に同意されたものと見なします。
  • ご入力頂いた個人情報は、「株式会社インデンコンサルティング」へ収集されます。
  • 「株式会社インデンコンサルティング」からのメールマガジン、電話、送付物による情報提供サービスを受け取ります。
  • 提供された個人情報は、各情報提供元企業のプライバシーポリシー下で適切に取り扱われます。

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードしていただけます。

  • ログイン
  • 今すぐ無料会員登録する

厳選ホワイトペーパー

人気資料まとめ