ITmedia資料ダウンロード TOP > 資料詳細

「2016 車載用CFRPの世界需要予測」のご案内

企業名:株式会社矢野経済研究所

自動車メーカー各社はCO2排出量削減(燃費向上)を達成するため、車体軽量化に取り組んでいる。軽量化の一手法としてCFRPの構造部品への採用が進展しつつある。国内外の主要自動車メーカー、炭素繊維メーカー、プリプレグメーカー、成形メーカー、異種材料の接合技術メーカー、その他研究開発機関へヒアリングを行うことで、車載分野での現状のCFRP化動向の把握と、原糸~プリプレグ~成形~異種材料の接合までの流れをワールドワイドで捉え、各工程での技術的課題や各社の改善に向けた取り組みを明らかにした。

資料詳細説明

■本資料の概要

第1章 車載用CFRPを取り巻く現状の動向
1-1 車載用CFRPの概要
  ・燃費基準値・燃費規制値の厳格化、高まる「軽量化」ニーズ
  ・マルチマテリアル化が進む中でのCFRPの立ち位置とは?
1-2 自動車でのCFRP採用動向
  ・高価格帯車種を中心とした採用、一般価格帯の車種実績はまだ一部
  ・低コストと材料設計の進化が市場拡大のキー

第2章 車載用CFRPの技術開発動向
2-1 炭素繊維
2-2 樹脂、中間基材、成形方法
2-3 加工(切断、接合等)
2-4 自動車設計 安全性とオリジナリティ、CFRPの採用部位はどこか
2-5 コスト構造 材料価格低減のみならず作業費低減も低コスト化には必須
2-6 リサイクル サーマルリサイクル、マテリアルリサイクル双方の検討を!

第3章 主要メーカー動向
【炭素繊維メーカー】【自動車メーカー】【成形システム・成形メーカー】
【中間基材メーカー】【異種材接合メーカー】【設計企業、研究開発】

第4章 現状の課題と将来展望
4-1 車載用CFRP市場の展望
  CFRP需要拡大の分岐点、″マルチマテリアル″の進化が、クルマをもっと軽くする
  (1)炭素繊維及び自動車メーカーの考える車載用CFRP市場
  (2)今後の市場

発刊日:2016年10月26日  資料体裁:A4 / 190頁
販売価格:
書籍:定価 150,000円 (税別)
PDFレギュラー(事業所内利用限定版):定価 150,000円 (税別)
セット(書籍とPDFレギュラー):定価 180,000円 (税別)
PDFコーポレート(法人内共同利用版):定価 300,000円 (税別)
セット(書籍とPDFコーポレート) :定価 330,000円 (税別)
※セット価格は同一購入者の方が書籍とPDFをご購入される場合に適用される特別価格です。
※消費税につきましては、法令の改正に則り、適正な税額を申し受けいたします。

対象業種

全業種

対象企業規模

企業規模問わず

【ご提供いただく個人情報のお取り扱いについて】

  • 資料のダウンロードに際して、以下の事項に同意されたものと見なします。
  • ご入力頂いた個人情報は、「株式会社矢野経済研究所」へ収集されます。
  • 「株式会社矢野経済研究所」からのメールマガジン、電話、送付物による情報提供サービスを受け取ります。
  • 提供された個人情報は、各情報提供元企業のプライバシーポリシー下で適切に取り扱われます。

【株式会社矢野経済研究所のその他の資料】

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードしていただけます。

  • ログイン
  • 今すぐ無料会員登録する

厳選ホワイトペーパー

人気資料まとめ