ITmedia資料ダウンロード TOP > 資料詳細

2016自動運転システムの可能性と将来展望~Tier1/自動車メーカーの開発動向

企業名:株式会社矢野経済研究所

ADAS(先進運転支援システム)から進化した自動運転システムの開発が急速に進んでおり、2019年から2020年にかけて日系主要自動車メーカを中心にレベル3(条件付自動運転)の自動運転車が市場投入される見込みである。このため、2020年以降の自動車業界では、自動運転を軸にして業界再編、異業種参入、技術革新が急速に進む事が予想される。本調査レポートでは、自動車メーカ、Tier1メーカ、半導体メーカなどに直接取材をする事により、各社の最新の取り組み動向や将来の事業戦略、自動運転技術の可能性などを分析した。さらに、自動運転システムの法整備、国家プロジェクトの進捗状況なども踏まえ、2016年から2030年までの自動運転システムを国別、自動運転レベル別に装着台数を予測した。

資料詳細説明

■本資料の概要

1.自動運転システムの市場概況
(1)自動運転の定義
(2)国別・自動運転システムへの対応状況
  ・日本
  ・米国
  ・欧州
(3)自動運転システムと法整備の動向
  ・国際的な法整備の動向
  ・日本
  ・欧州
  ・米国
  ・ITSの標準化活動
(4)IT企業とOEMの提携・協力状況
(5)シリコンバレーにおける自動運転の開発状況
  ・Googleが挑戦する自動車の人工知能化
  ・シリコンバレー企業が自動車産業の形を変える
  ・シリコンバレー発のLiDARが自動運転の実用化を可能にする
(6)ADASの市場概況
2.自動車メーカにおける自動運転システムの研究・開発動向
3.Tier1/その他メーカにおける自動運転システムの研究・開発動向
4.自動運転システムの技術動向
(1)センサ
(2)アクチュエータ
(3)HD-MAP(高精度地図)
(4)ドライバーモニタリングシステム(DMS)
(5)V2X
5.自動運転システムの市場展望
(1)自動運転向けセンサのレベル別搭載個数予測
(2)自動車メーカの自動運転システムの投入計画(2017~2030年)
(3)セグメント別自動運転システムの普及予測
(4)自動運転システムのエリア別市場規模予測
  ・日本
  ・北米
  ・欧州
  ・その他
(5)自動運転システムのレベル別総市場規模予測
  ・短期市場規模予測(2015~2020年)
  ・中長期市場規模予測(2015~2030年)

発刊日:2016年12月08日  資料体裁:A4 / 170頁
販売価格:
書籍:定価 150,000円 (税別)
PDFレギュラー(事業所内利用限定版):定価 150,000円 (税別)
セット(書籍とPDFレギュラー):定価 180,000円 (税別)
PDFコーポレート(法人内共同利用版):定価 300,000円 (税別)
セット(書籍とPDFコーポレート) :定価 330,000円 (税別)
※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。
※消費税につきましては、法令の改正に則り、適正な税額を申し受けいたします。

対象業種

全業種

対象企業規模

企業規模問わず

【ご提供いただく個人情報のお取り扱いについて】

  • 資料のダウンロードに際して、以下の事項に同意されたものと見なします。
  • ご入力頂いた個人情報は、「株式会社矢野経済研究所」へ収集されます。
  • 「株式会社矢野経済研究所」からのメールマガジン、電話、送付物による情報提供サービスを受け取ります。
  • 提供された個人情報は、各情報提供元企業のプライバシーポリシー下で適切に取り扱われます。

【株式会社矢野経済研究所のその他の資料】

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードしていただけます。

  • ログイン
  • 今すぐ無料会員登録する

厳選ホワイトペーパー

人気資料まとめ