ITmedia資料ダウンロード TOP > 資料詳細

「2016-2017年版 自動車用加飾フィルム市場の展望と戦略」のご案内

企業名:株式会社矢野経済研究所

自動車の外装及び内装加飾には、これまで長きにわたり塗装や金属メッキが使用されてきたが、近年の車体の軽量化や製造ラインでの工数削減の中で、塗装レス・メッキレス加飾の可能性が注目されている。一方、自動車メーカーサイドからは、特に外装部品の加飾について、これまでの設備投資の問題もあり、単に意匠性を追求した塗装代替・メッキ代替というだけでのフィルム加飾の採用は難しいとの声も聞かれる。
フィルムによる加飾の提案にあたっては、既存の塗装・メッキにはないフィルムならではの機能・性能や、フィルム採用による付加価値の訴求が求められる。非金属メタル調フィルムによるレーダー・レーザー対応や、成形部品と同一樹脂使用によるリサイクル性向上、真空・圧空成形工法を応用した自動車ボディーへの機能付与など「フィルムだからできること」をいかに訴求するか、そのためには、原反製膜や蒸着・ハードコートなどの表面処理、成形装置など、参入メーカー各社の情報発信力が問われていると言えるだろう。

資料詳細説明

■本資料の概要

第1章 自動車用加飾フィルム市場の展望と戦略
塗装・メッキに無い付加価値の提案を!問われる情報発信力
意匠の先にあるニーズをつかみ、加飾フィルム採用のバリューを訴求せよ
ものづくりに留まらない情報発信と業界研究で新規提案・参入のチャンスをつかめ
第2章 自動車用加飾フィルム市場の動向
1.自動車内装用加飾フィルムの動向
  意匠の高度化・多様化を背景に、多彩なデザイン表現のニーズが強まる
  中国自動車生産台数が引き続き成長、北米、欧州はステディな動き
  地域別のプロセス棲み分けは維持も、今後はきめ細かな使い分けの方向へ
  1.水圧転写
  2.成形同時加飾
  3.真空・圧空圧着成形
2.自動車外装用加飾フィルム市場の動向
3.自動車内外装加飾フィルム原反市場の動向
  フィルムメーカー各社で外装向けに対応した耐候グレードの開発が進展
  1.PMMAフィルム
  2.PC系フィルム
  3.PETフィルム
  4.PPフィルム
  5.ウレタンフィルム
第3章 加飾フィルムメーカーの動向

発刊日:2016年12月29日  資料体裁:A4 / 136頁
販売価格:
書籍:定価 150,000円 (税別)
PDFレギュラー(事業所内利用限定版):定価 150,000円 (税別)
セット(書籍とPDFレギュラー):定価 180,000円 (税別)
PDFコーポレート(法人内共同利用版):定価 300,000円 (税別)
セット(書籍とPDFコーポレート) :定価 330,000円 (税別)
※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。
※消費税につきましては、法令の改正に則り、適正な税額を申し受けいたします。

対象業種

全業種

対象企業規模

企業規模問わず

【ご提供いただく個人情報のお取り扱いについて】

  • 資料のダウンロードに際して、以下の事項に同意されたものと見なします。
  • ご入力頂いた個人情報は、「株式会社矢野経済研究所」へ収集されます。
  • 「株式会社矢野経済研究所」からのメールマガジン、電話、送付物による情報提供サービスを受け取ります。
  • 提供された個人情報は、各情報提供元企業のプライバシーポリシー下で適切に取り扱われます。

【株式会社矢野経済研究所のその他の資料】

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードしていただけます。

  • ログイン
  • 今すぐ無料会員登録する

厳選ホワイトペーパー

人気資料まとめ