ITmedia資料ダウンロード TOP > 資料詳細

MDM_効果的な運用を行うための3つの視点とは

企業名:株式会社ランドスケイプ

今日、営業活動の源泉とも言えるのが日々蓄積されるデータです。そのデータをリードナーチャリングに使おうと思っても、分散、不足、不整合、陳腐化、書式の不統一、重複が発生し、使い勝手が悪化します。これを解消するために考えるべきことをまとめました。

資料詳細説明

営業支援ツールやマーケティングツールの発展により、処理できる業務は高度化し、扱うデータ量も日々増大しています。その中で、深刻化しているのがデータの品質に関する問題です。

データの分散、不足、誤入力、書式の不統一、新旧混在、重複等により、業務への活用が制限され、ツールが単なるアドレス帳程度にしか活用されていないというケースもよく聞かれます。逆に、「使える」データさえ運用できれば、営業やマーケティングの効率を劇的に改善する強力なツールになるともいえます。

このような状況を鑑み、この資料では、顧客データをマネジメントする上でおさえるべきポイントをまとめました。貴社の業務を推進する上でのヒントになりましたら幸いです。

対象業種

全業種 / 全業種

対象企業規模

大企業

【ご提供いただく個人情報のお取り扱いについて】

  • 資料のダウンロードに際して、以下の事項に同意されたものと見なします。
  • ご入力頂いた個人情報は、「株式会社ランドスケイプ」へ収集されます。
  • 「株式会社ランドスケイプ」からのメールマガジン、電話、送付物による情報提供サービスを受け取ります。
  • 提供された個人情報は、各情報提供元企業のプライバシーポリシー下で適切に取り扱われます。

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードしていただけます。

  • ログイン
  • 今すぐ無料会員登録する

厳選ホワイトペーパー

人気資料まとめ