ITmedia資料ダウンロード TOP > 資料詳細

【サンプルサイズ計算ツール付き】調査担当になった方向け~「サンプル数の決め方」

企業名:株式会社グルーブワークス

調査結果の精度を左右する要素の一つにサンプル数があります。
サンプル数が少なすぎると誤差が大きくなってしまいます。
かといって、大サンプルの調査をしようとすると、費用がかさんでしまいます。
本資料では、統計学的に信頼に足る調査結果を得るために必要なサンプルサイズを求める方法をご紹介いたします。

資料詳細説明

テレビや新聞などで内閣支持率が上がった/下がったというニュースが流れる時に、無作為抽出という言葉を聞いたことがある方は多いものと思います。
調査対象者をできるだけ無作為に抽出することで有権者の母集団における代表性を高めるようにしているわけですが、では、どの程度の調査サンプル(標本)を集めれば信頼できる結果と考えられるのでしょうか。
ポイントとなるのは、無作為抽出、中心極限定理、そして標本誤差の3つのキーワードです。

<目次>
■キーワード①「無作為抽出」
■キーワード②「中心極限定理」
■キーワード③「標本誤差」
■標本誤差一覧表
■サンプルサイズ計算ツール

対象業種

全業種

対象企業規模

企業規模問わず

【ご提供いただく個人情報のお取り扱いについて】

  • 資料のダウンロードに際して、以下の事項に同意されたものと見なします。
  • ご入力頂いた個人情報は、「株式会社グルーブワークス」へ収集されます。
  • 「株式会社グルーブワークス」からのメールマガジン、電話、送付物による情報提供サービスを受け取ります。
  • 提供された個人情報は、各情報提供元企業のプライバシーポリシー下で適切に取り扱われます。

この資料は掲載終了いたしました。

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードしていただけます。

  • ログイン
  • 今すぐ無料会員登録する

厳選ホワイトペーパー

人気資料まとめ