ITmedia資料ダウンロード TOP > 資料詳細

【マスターデータマネジメント】効果的な運用を行うための3つの視点~入力編~

企業名:株式会社ランドスケイプ

顧客データベースを分析するにあたって
データの重複を可能な限り発生させない
顧客データマネジメントについて説明します。

重複を発生させずに綺麗な状態で顧客データベースを
保持するためには3つの視点がポイントとなります。

今回は「入力編」として顧客データベースの入り口の工夫の仕方を
ご紹介します。

資料詳細説明

顧客データベースが重複していると
・正確な顧客分析ができない
・データベースからの検索・表示プログラムに負荷がかかる
などのデメリットがあります。
デメリットを解消するために、
可能な限り重複データを少なくする運用が重要です。

<目次>
■顧客データベースの重複。どんなデメリットがある?
■MDM(マスターデータマネジメント)を実施するうえで、
 顧客データベースの重複をなくす。「3つ」のプロセスとは?
■顧客データベースの入力 /入り口を工夫する
・入力画面の仕様を変更する
・特定の部署にマスター登録権限を与える
・入力作業のマニュアルを簡素化する
■顧客データマネジメント。おすすめは「入力画面」の仕様を変更する
■会社概要

対象業種

全業種

対象企業規模

企業規模問わず

【ご提供いただく個人情報のお取り扱いについて】

  • 資料のダウンロードに際して、以下の事項に同意されたものと見なします。
  • ご入力頂いた個人情報は、「株式会社ランドスケイプ」へ収集されます。
  • 「株式会社ランドスケイプ」からのメールマガジン、電話、送付物による情報提供サービスを受け取ります。
  • 提供された個人情報は、各情報提供元企業のプライバシーポリシー下で適切に取り扱われます。

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードしていただけます。

  • ログイン
  • 今すぐ無料会員登録する

厳選ホワイトペーパー

人気資料まとめ