ITmedia資料ダウンロード TOP > 資料詳細

「2016年版 FX(外国為替証拠金取引)市場の動向と展望」のご案内

企業名:株式会社矢野経済研究所

店頭FX(外国為替証拠金取引)市場は、これまでの法整備や自助努力により、投資環境の改善、顧客利便度の向上を果たすため、コンプライアンスの徹底と顧客サービスの充実を図ってきている。この間、FX投資家の裾野拡大のための競争が激化する中で、システムトレード、バイナリーオプションなど商品の多様化も進められている。一方で、収益源の多様化による海外展開や異業種とのアライアンスによる金融商品のワンストップ化サービスをめざす動きも一部に顕在化してきている。久しぶりの新規株式上場を果たした企業も現れた。こうした中、2015年1月に発生した、いわゆる“スイスフラン・ショック”や2016年6月の英国のEU離脱問題を背景に「リスク管理態勢の強化」や「財務基盤の増強」も重視した経営の舵取りが必要になった。こうした事業環境の下、参入企業各社はどのような戦略で生き残りをかけ市場を成長・発展させていくのか、有力企業を通して市場動向、マーケットサイズ、将来展望をまとめた。

資料詳細説明

■本資料の概要

第Ⅰ章 総論編
1.業界動向
  (1)業界を取巻く環境
  (2)参入企業数
  (3)業界の主な出来事
2.店頭FX取引の市場規模
  (1)預り証拠金残高(市場規模)推移
  (2)預り証拠金残高シェア
  (3)口座数
  (4)口座数シェア
  (5)取引高
3.取引所取引「くりっく365」のシェア
4.経営戦略、事業戦略
5.業界の課題と将来展望
6.業界の成長のために各社が取組むべきこと、業界全体で取組むこと

第Ⅱ章 各論編
1.収益性
2.収入源の多様化策
  (1)収入源の多様化策の現状
  (2)取引所取引の参入意向
  (3)CFD、バイナリーオプション導入意向
  (4)システムトレードの導入意向
  (5)同業とのBTOBの意向
  (6)法人向けレバレッジ規制を踏まえた法人顧客の取込み強化策
  (7)海外展開の意向
  (8)異業種との提携意向
  (9)新商品の開発意向
  (10)グループ戦略を加味したビジネス展開
3.顧客政策
4.ブランディング、広告戦略
5.システム投資の現状
6.相場急変時のリスク管理対策
7.仮想通貨への関心度
8.取引実績
9.顧客属性
10.商品政策
11.CFD、バイナリーオプションの預り残高、口座数、取引高推移

第Ⅲ章 個別企業編

発刊日:2016年10月17日  資料体裁:A4 / 247頁
販売価格:
書籍:定価 120,000円 (税別)
PDFレギュラー(事業所内利用限定版):定価 120,000円 (税別)
セット(書籍とPDFレギュラー):定価 150,000円 (税別)
PDFコーポレート(法人内共同利用版):定価 240,000円 (税別)
セット(書籍とPDFコーポレート) :定価 270,000円 (税別)
※セット価格は同一購入者の方が書籍とPDFをご購入される場合に適用される特別価格です。
※消費税につきましては、法令の改正に則り、適正な税額を申し受けいたします。

対象業種

全業種

対象企業規模

企業規模問わず

【ご提供いただく個人情報のお取り扱いについて】

  • 資料のダウンロードに際して、以下の事項に同意されたものと見なします。
  • ご入力頂いた個人情報は、「株式会社矢野経済研究所」へ収集されます。
  • 「株式会社矢野経済研究所」からのメールマガジン、電話、送付物による情報提供サービスを受け取ります。
  • 提供された個人情報は、各情報提供元企業のプライバシーポリシー下で適切に取り扱われます。

【株式会社矢野経済研究所のその他の資料】

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードしていただけます。

  • ログイン
  • 今すぐ無料会員登録する

厳選ホワイトペーパー

人気資料まとめ