ITmedia資料ダウンロード TOP > 資料詳細

「2016年版 PCO・TCO・燻蒸サービスの市場実態と中期展望」のご案内

企業名:株式会社矢野経済研究所

安全・安心意識の高まりを受け、公衆衛生行政へは厳しい目が向けられている。また、食品工場・倉庫、飲食店・小売店、一般住宅における害虫への忌避意識も非常に高まる傾向にある。更に、近年では、都市部においてデング熱の発生や海外渡航者や訪日外国人の増大によるを背景としたジカウイルス感染症への懸念など、衛生サービスへの注目は更に高まってきている。本調査レポートでは、オペレーション市場としてペストコントロール市場(PCO市場)、ターマイトコントロール市場(TCO市場)、防疫・文化財燻蒸サービス、及び、その薬剤・資機材市場を俯瞰することで、現状の市場実態を明らかにするとともに、今後の市場を展望した。

資料詳細説明

■本資料の概要

資料のポイント
1.PCO・TCO・燻蒸サービスのオペレーション市場
2.PCO・TCO・燻蒸サービスの薬剤市場

第Ⅰ章 マーケットの最新関連動向
1.鳥獣被害に関するマーケット概況
2.都市部における害虫獣の相談件数(東京都を例として)
3.トコジラミ防除の市場動向
 ~都市部で発生する被害に対する行政、メーカーの取組み~
4.ネズミ防除の市場動向
 ~IPMの考え方に基づく総合的な防除手段の活用が進む~
5.シロアリ防除事業の市場動向
 ~住宅メンテナンス、ケア業務により本業周辺業務を開拓~
6.輸入農産物防疫の検査状況と
  国内農産物の食糧貯蔵庫の衛生管理状況
7.薬剤消毒に頼らないノンケミカル駆除方法の拡大
8.関係省庁の取組状況
9.参入各社はコンサルティング等総合的サニテーションに取組みを拡大
10.スマート化・IT化技術開発が進むPCO・TCO業界

第Ⅱ章 マーケットの現状分析と展望
1.PCO・TCO・燻蒸サービス総市場
2.オペレーション市場分析
3.関連薬剤・資機材市場分析

第Ⅲ章 マーケットの需要動向分析と展望
1.アンケート回答概要
2.業種別の駆除・殺菌防除の状況

第Ⅳ章 有力参入企業の個別実態
【PCO・TCO・燻蒸サービス参入企業】
【PCO・TCO・燻蒸用薬剤・資材卸販売企業】
【PCO・TCO・燻蒸用薬剤・資材メーカー】

発刊日:2016年11月29日  資料体裁:A4 / 336頁
販売価格:
書籍:定価 120,000円 (税別)
PDFレギュラー(事業所内利用限定版):定価 120,000円 (税別)
セット(書籍とPDFレギュラー):定価 150,000円 (税別)
PDFコーポレート(法人内共同利用版):定価 240,000円 (税別)
セット(書籍とPDFコーポレート) :定価 270,000円 (税別)
※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。
※消費税につきましては、法令の改正に則り、適正な税額を申し受けいたします。

対象業種

全業種

対象企業規模

企業規模問わず

【ご提供いただく個人情報のお取り扱いについて】

  • 資料のダウンロードに際して、以下の事項に同意されたものと見なします。
  • ご入力頂いた個人情報は、「株式会社矢野経済研究所」へ収集されます。
  • 「株式会社矢野経済研究所」からのメールマガジン、電話、送付物による情報提供サービスを受け取ります。
  • 提供された個人情報は、各情報提供元企業のプライバシーポリシー下で適切に取り扱われます。

【株式会社矢野経済研究所のその他の資料】

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードしていただけます。

  • ログイン
  • 今すぐ無料会員登録する

厳選ホワイトペーパー

人気資料まとめ