ITmedia資料ダウンロード TOP > 資料詳細

「2017 UPS市場の現状と将来性」のご案内

企業名:株式会社矢野経済研究所

本調査レポートでは、UPS(停電電源装置)を対象に、その市場規模やメーカシェア、技術開発、参入メーカの取り組み実態、課題・問題点等を把握し、将来の市場規模や展開動向等を展望した。

資料詳細説明

■本資料の概要

第1章 UPS市場の現状
1.変化がない参入メーカの顔ぶれ
2.容量帯によって異なる給電方式。中大型は常時インバータ給電が主流
3.単年度の増減はあるが、数量・金額共に伸び悩み感が色濃いUPS総市場規模推移
4.容量帯別メーカシェア推移

第2章 UPSの技術動向と需要分野
1.UPSの技術動向
2.容量帯別需要分野動向
3.既存の需要分野と品揃えの拡大に向け、差別化手段を模索しているメーカの展開と課題

第3章 主要UPSメーカの取り組み実態

第4章 UPS市場の展望と将来性
1.当面は拡大が期待できない国内UPS市場。OS技術の進歩や東京オリンピックに注目
2.攻めと守りが必要で、UPS事業拡大のためにはこれまで以上の競合が想定される
3.基本姿勢を変えず、その延長線に可能性を追求するメーカ取り組みの方向性
4.積極派と消極派が混在する海外展開の可能性
5.期待材料が見えない容量帯別需要展望。2018年以降に東京オリンピック向けが出るか
6.市場規模予測(~2020年度)

発刊日:2016年12月22日  資料体裁:A4 / 130頁
販売価格:
書籍:定価 150,000円 (税別)
PDFレギュラー(事業所内利用限定版):定価 150,000円 (税別)
セット(書籍とPDFレギュラー):定価 180,000円 (税別)
PDFコーポレート(法人内共同利用版):定価 300,000円 (税別)
セット(書籍とPDFコーポレート) :定価 330,000円 (税別)
※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。
※消費税につきましては、法令の改正に則り、適正な税額を申し受けいたします。

対象業種

全業種

対象企業規模

企業規模問わず

【ご提供いただく個人情報のお取り扱いについて】

  • 資料のダウンロードに際して、以下の事項に同意されたものと見なします。
  • ご入力頂いた個人情報は、「株式会社矢野経済研究所」へ収集されます。
  • 「株式会社矢野経済研究所」からのメールマガジン、電話、送付物による情報提供サービスを受け取ります。
  • 提供された個人情報は、各情報提供元企業のプライバシーポリシー下で適切に取り扱われます。

【株式会社矢野経済研究所のその他の資料】

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードしていただけます。

  • ログイン
  • 今すぐ無料会員登録する

厳選ホワイトペーパー

人気資料まとめ